【レビュー】 ヨコハマ買い出し紀行 作者:芦奈野ひとし

著者:芦奈野ひとし
ジャンル:近未来
特色:近未来 ほのぼの 日常 ロボット 愛情 出会い 思い 物耽り 衰退 謎

近未来の関東付近のほのぼのした物語が綴られる漫画です。
 
横浜も海の下に沈み、少しずつ海が浸食していますが、大都市ヨコハマも丘の上に移り、ゆったり時の流れる人の街が営まれています。
 
 
なんとなく人類の文明社会が滅びゆく感匂わせる背景ですが、あまりくどい説明などなく独特の間合いがあります。
 
 
主人公の初瀬野アルファ(はつせのアルファ)ロボットですが、ほとんど見た目は女性です。
 
喫茶店「カフェ・アルファ」営みつつ、突如いなくなったオーナーの帰り待ち続け、黄昏の世を見つめ続けます。
 
カフェの近くにはガソリンスタンドを営むおじさんと、タカヒロという少年と、幼馴染の少女真月(まつき)がいて、ゆっくりと流れる時間の中で、アルファ仲良くなっていきます。
 
他にも様々な人との出会いをしながら、ほのぼのとした刻まれていきます。
 
また、謎の女性ミサゴや、ターポンという地上に降りる事が出来ない高高度を飛行する巨大飛行機など、不思議なものも出てきます。
 
 
ほのぼのした漫画ではありますが、時には厳しい自然の猛威があったりします。
 
おじさんタカヒロ真月歳を取っていき、歳を取る事のないアルファさみしい思い感じられうるっとくるところもあります。
 
 
については読者の受け取り方に任されているので、自分なりにしっくりくる解釈に思い耽るのも面白いと思います。
 
 
忙しない世の中で、少し心落ち着けてほんわかしたい方にお勧めの漫画です。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です