【漫画の名言】 「俺はおまえをあまり信用せんが、友達…の如きものだと思ってるから。」 北野堅 -サンケンロック-


”俺はおまえをあまり信用せんが、友達…の如きものだと思ってるから。”

サンケンロック 北野堅

サンケンロック7巻、北野堅の言葉。

この言葉は非常に骨太な友情を表していると思う。信用できない。だとしても、魂が触れ合ったら友達は友達なのだ。それは主体的な友情の選択で、相手がどうであろうと、俺はこう思うという選択なのだ。

例えば、子供を信用していない親だとしても、子供を愛しているという事は往々にしてあるだろう。要は、あいつはたまに嘘もつくかも知れないし、本当のところは何を考えているか分からないが、そんな事は関係ない。俺はあいつを友達だと思っている。だから友達だ。人間は弱いしぶれる事もある。長年付き合ってれば信用できなくなることもあるだろう。だから、こういう強い気持ちが根底になければ真の友情は続かない。骨太な男らしい発想だ。

 

””は、少年画報社「サンケンロック」 作者:Boichiから引用

 

【漫画の名言】 「大切なものは欲しいものより先に来た。」 ジン=フリークス -HUNTER×HUNTER-


”大切なものは欲しいも
のより先に来た”

HUNTER×HUNTER ジン=フリークス

ハンターハンター32巻のジンの発言。

何か欲しい物を真剣に追い求めていくとき同じ志を持つ仲間が集まってくる。それは同志だ。同志たちと目的を目指して共に進む時間、それほど楽しいものはなく、その時間を過ごした同志よりも大切なものはない。それはきっと人生の宝物。

 

””は、集英社「HUNTER×HUNTER」 作者:冨樫義博 から引用

 

【漫画の名言】 「運命とは眠れる奴隷だ、オレたちはそれを解き放つ事が出来た。それが勝利なんだ」 ブチャラティ -ジョジョの奇妙な冒険-


”運命とは眠れる奴隷だ、オレたちはそれを解き放つ事が出来た。それが勝利なんだ”

ジョジョの奇妙な冒険 ブチャラティ

JOJOの奇妙な冒険63巻の名言だ。

ぼくは起業するために会社を辞めるときに、この言葉に凄く勇気付けられた。ブチャラティたちみたいに、ぼくも運命を解き放つのだ。失敗するかもしれない。しかし挑戦する事、そのものが勝利だ。そう背中を押してもらった。ありがとうブチャラティ。

 

””は、集英社「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦から引用

 

 

 

【漫画の名言】 「失敗と言うのは……いいかよく聞けッ!真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事をいうのだッ!」 スティーブン・スティール -ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン-


”失敗と言うのは……いいかよく聞けッ!真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事をいうのだッ!”

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン スティーブン・スティール

JOJOの奇妙な冒険 ストーンオーシャン第1巻 スティーブン・スティールの名言。

挑戦こそが成功であると僕は思っている。そして失敗とは挑戦して失敗することではなく、挑戦をしない事だ。過去の人類の挑戦があり僕らの今の生活がある。誰もが挑戦しなければ人類に何の進歩もなく、むしろ退化するだろう。挑戦をしないという事は、それ自体が最悪なのだ。薩摩の訓え、男の順序というものがある。 一、何かに挑戦し、成功した者 二、何かに挑戦し、失敗した者 三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者 四、何もしなかった者 五、何もせずに批判だけしていた者 男だったら一か二でいたい。

 

””は、集英社「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦 から引用

 

隣の部屋に行くんだ!仕事をする、仕事をさせてくれ! 手塚治虫

”隣の部屋に行くんだ!仕事をする、仕事をさせてくれ!”

手塚治虫

 

神様の一言。

手塚治虫は自分の命の使い道を知っていたのだと思う。少しでも多くの優れた作品を残すこと。それこそが彼の天命であったと思う。その天命を知り得た人生がどれほど幸せだったであろう。自分が持つ天命に気づけるかどうか人生の満足感は、それが全てかもしれない。

 

【漫画の名言】 「人間がみんな「昔」を背負って、 「今」を生きなきゃなんないなら、 この世は 幸せになっちゃダメな人間 だらけじゃないかァ!!」 才賀勝 -からくりサーカス-


”人間がみんな「昔」を背負って、 「今」を生きなきゃなんないなら、 この世は幸せになっちゃダメな人間 だらけじゃないかァ!!”

からくりサーカス 才賀勝

からくりサーカス43巻の勝の言葉。

昔の事をクヨクヨ考えるのは良くない。それじゃ絶対に幸せになれない。自分の頭の中で過去の失敗をリプレイしても意味はないのだ。もちろん様々な事があっただろう。人間だから生きていればある。だからって幸せになっていい。その方が世界にはいい。端的に言うと幸せの総和が増えるのが人類の目標の一つだからだ。

 

””は、小学館「からくりサーカス」 作者:藤田和日郎から引用

 

【漫画の名言】 「誰も永遠に同じ場所にいられない。俺も、あんたもだ。」 朝田龍太郎 -医龍-Team Medical Dragon–


”誰も永遠に同じ場所にいられない。俺も、あんたもだ。”

医龍-Team Medical Dragon- 朝田龍太郎

医龍-Team Medical Dragon- 16巻 朝田龍太郎の言葉。

仕事が出来る人間ほど陥りがちな、仕事のバトンを渡せない症候群。しかし自分がずっと同じ場所にいられるわけじゃない。誰かに引き継ぐしかないのだ。そして自分が今もっている仕事は誰かから引き継がれて来たものなのだ。人間の命は有限だ。 そして浅田はこんな言葉も言っている。 「平凡で未熟な奴に期待するのをやめたら誰にバトンを渡せばいいんだ」そう、君から見れば誰もが未熟だし平凡かもしれない。とは言え、じゃあどうすんだ。

 

””は、小学館「医龍-Team Medical Dragon-」 作者:乃木坂太郎 から引用

 

【漫画の名言】 「俺は戻りたいんだ。おさえきれず踊り出したオリガみたいに、俺もあんな風に自分の場所へ戻りたい」 南波日々人 -宇宙兄弟-


”俺は戻りたいんだ。おさえきれず踊り出したオリガみたいに、俺もあんな風に自分の場所へ戻りたい”

宇宙兄弟 南波日々人

宇宙兄弟17巻、日々人の言葉。

自分の全ての情熱を傾けられる場所。衝動的に踊りだすかのように心が動く場所。その衝動を常に大切にしていたい。全ての始まりは意志で意思の始まりは抑えきれないほどの心躍る衝動だ。

 

””は、講談社「宇宙兄弟」 作者:小山宙哉 から引用

 

高杉晋作が登場する漫画

日本の歴史上で非常に人気のある英雄、高杉晋作。
その高杉晋作が活躍するまんがをいくつか紹介いたします。

まず、SIDOOH/士道 高橋ツトム 、この作品には高杉晋作がかなり出てきます。キャラクターのイメージも史実に近いので歴史ファンにも違和感なく楽しめると思います。
おーい竜馬、これも正統派の高杉晋作で生き様も死に様も最高です。
銀魂、幕末を元にしたファンタジーではあるけれど時代背景とか結構こまかく詳しい。史実のポイントを抑えているのは面白い。高杉晋助という人物が出てくる。これはこれでかなり面白い。

そのほかに、高杉晋作が活躍するまんが。
風雲児たち 幕末編、 るろうに剣心、  村上もとか:「JIN-仁-」 、 松本零士:「陽炎の紋章」 、 むつ利之:「龍馬へ」 、 斉藤栄一:「萩が生んだ若き志士 吉田松陰とその門下生」 、 はしもとみつお『走れ晋作』(角川書店) 、 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社) 村上もとか『JIN-仁-』(集英社) 青池保子『イブの息子たち』(6巻・7巻に登場)(秋田書店) 杉本亜未『夕凪』(『春やきぬらん』に収録)(角川書店) むつ利之『龍馬へ』(講談社) 奈々巻かなこ『声音師2(『狐宿』の回)』(小学館) 『日本の歴史15 ゆきづまる幕府』(小学館) 『日本の歴史16 幕末の風雲』(小学館) 斉藤栄一『萩が生んだ若き志士 吉田松陰とその門下生』 加瀬あつし『ばくだん!幕末男子』(4巻から登場)(講談社)

俺の悩み小さいなぁと思える様になる漫画

漫画というのは壮大な話が多くて大抵日常的な悩みは比較すれば小さな事になりがちですが、その中でも悩みが軽くなる様な作品を集めてみました。ポイントは日常があるマンガです。日常があって、登場人物たちも、日常的な悩みを持っている方が共感しやすくなります。逆にドラゴンボールくらい突き抜けると作品は作品、現実は現実となってしまいがちです。それは、それで癒される人がいると思いますが。小さな日常的な悩みでの共感からの、大問題解決。

銀魂
この漫画は見事に日常の小さな悩みから大きな社会的な問題に移行するという流れができています。 例えば主人公は糖尿病だったり、天然パーマで悩んでいます。バトル、ギャグマンガなので共感さえできれば後はスカッとします。

ブラックジャック
難病によって生きる気力を失った患者がよく登場します。そういった患者にブラックジャックが生きる気力を与えるという心の治療のパターンの話が多数あり、それに勇気をもらえると思います。

プラネテス
未来の日常を描いた作品。仕事に対する不満や不安に共感できる、それでもなお、主体的に進んで行く登場人物たちをみて、スッとする感じが味わえる。