サッカー漫画考察 蹴児(ケリンジ)

月間少年マガジンの2010年9月号から2011年11月号に連載されていた作品で、単行本化もされていますが、週刊誌ではなく月刊誌だったところが、脚光を今一つ浴びない理由なのでしょうか?

名監督を慕って日本全国から新設高校のサッカー部に生徒が集まったものの、肝心の名監督が3カ月後に急死してしまい、遺言のような形でキャプテンに指名されたのが、とんでもない運動音痴の部員(この彼が主人公!)であったところからストーリーが始まります。

ものすごい努力をして、とんでもないプレイヤーになる…ような展開はなく、キャプテンでありながら試合には出ない彼が、試合の「戦術」という形でチームに貢献していき、チームメイトに認められていく、そんなストーリー展開となっています。

多くの、と言うよりほとんどのサッカー漫画が、主人公=プレイヤーな訳ですから、ゲームの中で動く主人公がパスをどうするとか、シュートをここで打てば勝てるといった展開になっている中で、戦術のみを考えてチームに貢献する形というのは、かなり異色な存在と言ってもいいでしょう。実際にこういうキャプテンが高校サッカー界に存在するのかと言えば、その可能性はほぼゼロでしょう。

しかしこの漫画の面白いところは、その戦術に着眼点を置いたところです。スポーツ漫画と言うと、どうしてもアクションを大胆な構図で描いて引き付けるといった展開が多くなります。それはそれで面白いし、絵で動きを見せるには一番効果的なので当然でしょう。また、戦術論を語りたがる奴=ボールすらまともに蹴ったことのない奴といったイメージが、戦術をメインにした話に対するアレルギーのようなものを起こさせているのかも知れません。それでも、敢えてその戦術に焦点を当てて話を展開させているこの作品には、他のサッカー漫画にはない面白さや惹き付ける何かを感じます。

サッカーをあまりよく知らない人はもちろん、戦術論にアレルギーを感じている人にも一読していただきたい作品です。

 

追記

この作品で作画担当している千田純生氏のツイッターは中々面白いですよ。

 

サッカー漫画考察 川又堅碁選手に捧ぐ「ジャイキリ」の中のこんなFW像

サッカーのフォワード(以下FW)というポジションは11人の中で相手ゴールの一番近くにいる選手であり、シュートを放ち、点を取ったり、あるいは相手ゴール前でくさびや囮となって味方のゴールをアシストしたりと、得点に絡むことが主な仕事とされています。

しかしながら、「ジャイキリ」8巻の作中にあるように、FWがゴールを決めなくちゃいけないというルールはありませんし、オフサイドなどの反則でない限り、ピッチにいる誰が得点を決めてもそれは認められます。

とは言え、相手ゴールの一番近くにいるFWの選手のところへと繋がれたボールは、達海監督の言うところの「味方が必死になって繋いできた魂のこもったボール」でもあります。

達海監督は夏木に対し「お前にとってそのボールって何だ?」「チームのボールか・「お前のボールか?」と問いかけた上で、「お前にはFWとしての決心が足りないよ」と諭しています。そして達海監督の言うFWとしての決心とは、自分のところへ来たボールはチームのボールであるとわかった上で、自分のボールだと思い込める度胸があり、味方の想いを背負いきって自分のためにプレーができるかということと言っています(注;作中のセリフとは少し前後している部分があります)

また、そういうFWは度胸があるからしくじっても何度でもパスを要求するし、どこからでもシュートを狙う、だからゴールも量産されて強いとも言っています。

相方のアダイウトンが長期離脱で、中村俊輔選手も出たりでなかったりとチーム状態が不安定な中、今期の川又堅碁選手はかなり苦戦している様子です。相手がいるからこそ思うようにいかないのは、どんなことであっても起こりうることですが、それでも私は、川又選手のゴール量産を信じたい!

今期私がスタジアムに足を運んだ試合での川又選手は、残念な時の「ジャイキリ」夏木と被っているような印象を受けたため、今回このようなライティングをさせていただきました。

 

追記

でも私は信じているよ!

サッカー漫画考察 ジーノの語学力は日本代表川島選手とタメを張るレベル?!

日本代表のGK川島永嗣選手は、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、オランダ語を話す事ができ、母国語である日本語を含めると7か国語を話せることになります。私も川島選手がヨーロッパの言語を話しているところを実際にテレビで観ましたが、びっくりするくらい流暢で、いつ勉強しているのだろうとさえ思いました。

同じようにインターナショナルに言語を操れるサッカー漫画のキャラクターと言えば、「ジャイキリ」のジーノということで、ジーノの語学力について検証してみました。

作中で確実にジーノが話しているとみられる言語は、日本語とポルトガル語です。ETUに所属して選手監督たちと普通に会話しているので少なくとも普通に日本語は話せるレベルであることは間違いないでしょう(逆に黒田あたりがジーノとイタリア語で会話しているとしたら、そっちの方がびっくりします(笑))。またブラジル人であるガブリエルとも流暢に会話をしているシーンから、ポルトガル語を話せることも推測できます。

以前のコラムでも少し取り上げた「ジーノは色んな国の言葉が話せていいねえ」というセリフや、7巻の61話の一コマ「なんで王子のファンは多国籍なんだ…」というセリフから、恐らくこの2か国語だけではないことが推測されます。

では他にはどんな言語が話せるのでしょうか?

まず、イタリア人と日本人のハーフであることから、イタリア語を話せる可能性が推測できます。他老人ホームへ慰問に行く話(これは本編と関係のないスピンオフ的な話です)の中で、女性に対し「マダム、僕が話し相手になりましょうか…」というシーンがあり、自然にでたことから、既婚女性を「マダム」と呼ぶ言語も話せることが推測できます。となると、フランス語になるのでしょうか?また、これだけ日本語が流暢に話せるのなら、日本で教育を受けてきた可能性も高いので、英語も話せる言語のひとつに加える事ができます。

で、先ほどの7巻61話の一コマに注目すると、ジーノに声援を送っている女性の多国籍ぶりが伺えます。恐らくスペイン語やドイツ語あたりも話せるのではないでしょうか?また、中華風のファンもいることから中国語も話せるのではないでしょうか?

もしかすると、ジーノの話せる言語は川島選手のそれを超えているのかも知れませんね。

 

サッカー漫画考察 ダービーマッチの理想と現実

「キャプ翼」でバルセロナFCへ翼が入団してからのエル・クラシコや「ジャイキリ」の東京ダービーなど、サッカー漫画のストーリー上で、ダービーマッチと呼ばれる試合が描かれることは少なくありません。実際の国内外のプロサッカーリーグにおいても、さまざまなダービーマッチがあります。

私感ではありますが、漫画で描かれるダービーマッチと実際のダービーマッチの相違点や類似点などについて、記載してみました。

(漫画は「ジャイキリ」の東京ダービー、現実はJ1の静岡ダービーを参考にしています)

 

負けられない戦い

やはりこの思いはどちらにもどのチームにもありますね。相手がどんなに実績があろうとも「相手より弱くてはいけない」という使命感といいますか、義務感のようなものを感じます。ただ、エスパルスのユース出身のある選手の「清水は磐田より強くなくてはいけない」を見た時は、「リーグ制覇の過去の歴史を知ってて言ってるのか?」という疑問は少し感じました。

 

ブーイング

これはすごいものがあります。古い話ですが、「キャプ翼」でフィーゴがバルササポに汚い怒号を浴びせられていたシーンなどもあったくらいですので、漫画も現実もあまり変わらないのではないでしょうか(「ジャイキリ」のダービーはややソフトに描いている気もします)。2018年4月の静岡ダービーにおいて、清水サポが一段と激しいブーイング浴びせていたのが、名波監督紹介の時でした(磐田サポは鄭大世の紹介の時が激しかった)。もしかしたらETUの達海監督も、東京ビクトリーサポの激しいブーイングを浴びているのかも知れませんね。

 

敵へのリスペクト

これは現実の戦いでありそうでないような気がします。確かにエコパスタジアムへ向かう電車の中で、清水サポが「俊輔が見たい」とか会話はしていましたが、「ジャイキリ」の東京ダービーの時の持田のような状況になった時に敬意を払うかどうかは不透明ですね。(持田が退場する時、羽田が「拍手したい奴拍手しろ 敵に敬意を示めしたところで バチはあたらねえよ」といったような言葉を言っています。あのシーンは美しい、ダービーは現実もこうあるべきなのでは、と思いました。)

 

初めて観戦する人にとっては少し腰の引けるダービーマッチですが、サッカー観戦の面白さを知ることの出来る試合でもありますので、漫画でも現実でも楽しむ機会を持っていただければと思います。

 

サッカー漫画考察 独断で決める!伸びしろを感じるキャラクターランキング

先ほどテレビでレアルマドリードの下部組織でプレイする中井卓大くんを見ました。プレイそのものもさることながら、スペイン語ペラペラぶりにもびっくりしました(それでも好きな食べ物が唐揚げとカレーライスと言ってたところは日本人だなと感じました)。FC東京の久保建英くんといい、伸び盛りの若い力がいることはいいことです。という訳で、今回は私が独断で決める伸びしろを感じるキャラクターランキングについて書かせていただきます。

 

第5位 柄本つくし(DAYS)

高校入学からサッカーを始めた彼には、どんな選手になるのだろうかという期待があり、その分の伸びしろも予想できます。反面、幼少のころからサッカーをやっていた選手が多くいる中では、経験に基づいた伸びしろという点で、かなりのハンデがあるようにも感じます。そのような事を踏まえてこの順位となりました。

 

第4位 椿大介(ジャイアントキリング)

ETU注目の若手の彼は、サポーターにまで「お前はどこまで伸びるんだ」と言われるほどです。達海猛監督の元その才能が開花し、ついにはA代表にまで入るようになった彼には、伸びしろがまだまだあることには異論のないところだと思います。この順位とした理由には、二十歳という年齢的な点と「ビビリ」と言われる性格を考慮して、です。

 

第3位 一条龍(BE BLUES)

ファンからの「なんで?」という怒号にも似た声が聞こえてきそうですが、小学校の頃の大怪我が全く影響ないとは考えにくいため、この順位とさせていただきました。私の感じる彼の伸びしろは常に相手の予想の上を行くという進歩の仕方にあると思います。本来ならば、1,2を争う伸びしろを持っていると言っても過言ではないでしょう。しかしその伸びしろも、ケガの影響によるプレイの幅の制約ということも今後考えられるのではないでしょうか?

 

第2位 青井葦人(アオアシ)

中学校時代まではサッカーをしているだけの彼も、エスペリオンユースへの入団をきっかけに、本当の意味でのサッカーを教わることになりました。試合を重ねるたびに新しい発見や面白さを感じている今が、まさに伸び盛りの時期なのではないでしょうか?本連載では、やっと阿久津からのコーチングも受けられるようになりそうなので、今後も注目していきたいです。

 

第1位 大空翼(キャプテン翼)

相手の技を何でも吸収する彼は、連載から何年も経った今でもそのスタイルに変化がありません。とは言え、トントン拍子でずっと進んできた訳ではなく、怪我や挫折にぶつかりながらも努力を重ね続けてきています。小次郎が「俺は甘かった」と思う程の努力が、伸びしろの多さを作っているのかも知れません。(「キャプ翼」という作品そのものが、サッカーに夢を与えているという色合いが強いので、主人公をそのように作り上げているという作者の意図もあるのかも知れませんね。)

 

 

あくまで個人的な主観によるものですので、悪しからず…m(__)m

 

サッカー漫画考察 サポーターのあるべき姿「ジャイキリ」田沼吾郎編

「ジャイキリ」のETUサポーターには、幅広い年齢や職業の人達が登場します。今回はその中でも、年配のキャラクターの田沼吾郎にスポットを当ててみたいと思います。

八百屋を営む田沼吾郎は、監督である達海猛が現役選手だった頃からの古参サポーターですが、達海がチームを辞めたと同じ位にスタジアムへ足を運ばなくなり、達海が監督となって戻ってきたと同時にまたスタジアムへ再び通うようになりました。

達海が居なくなったETUの応援を立て直し、東京スカルズまで組織した羽田からすれば、彼の行動は面白くないのは当然で、「俺たちはどんな時でもチームを見捨てたりしない 死んでもあんたらみてえにはならねえよ」とまで言い捨てています。

これは、昔は強豪と言われたチームでよくありそうなことで、強かった時にスタジアムに来ていたサポーターが、お目当ての選手の移籍や、チームの不振などがきっかけで足を運ばなくなり、残ったサポーターが苦労して再び形を作っていく…そんな光景にも繋がっています。苦しい時代を知っている人間からすれば、いい時代にしかスタジアムに足を運ばない人間は面白くないのは当然でしょう。

では、吾郎はETUのことを全く気にしていなかったのでしょうか?そんなことはないと思います。家に飾ってあった達海の現役時代の写真が物語っています。仕事や家庭に追われ、スタジアムに足を運ぶ機会を失った、あるいはそうせざるを得ない状況が、吾郎をそうさせてしまったのかも知れません。若い人からすれば、言い訳にしか聞こえないでしょうけど。

Jリーグも発足から25年が経ちました。当時若者だった人の中にも、連載当初の吾郎のような人が多くいることと思います。そういう人が居たら、再びスタジアムへ足を運んでもらいたいし、また、スタジアムでそういう人を見かけたら、羽田のように邪険にせず、快くとはいかなくても、迎え入れて欲しいと思います。そうすることで、チームがそしてサッカーという競技が盛り上がるのだから…。

 

追記

吾郎に意見していたバックスタンドで何年も観戦を続けていたおじいさんたちが、筆者に近い立場ですが、私自身はまだまだおじいさんではありませんので(笑)、あしからず。

 

 

サッカー漫画考察 サッカー漫画メシについて

サッカーに限らず、アスリートにとって自分の体作りに取って必要不可欠な、「バランスの良い食事」。少年向け、あるいは漫画=娯楽的な読み物というイメージからか、サッカー漫画に食事とか、身体をつくるメニュー的な話って、意外と出てこない印象を受けます。

とは言え、「アオアシ」の一条花は、アシトに対して、栗林晴久が感心するほどのバランスのいいメニューを考案してあげたりしていたり、「キャプ翼」の赤嶺真紀が日向小次郎に対して、「スポーツ選手にコーラはよくない」みたいなことを言ってこぼすシーンがあったりと、全く取り上げていない訳でもないようです(新しい作品だと、ジーコとアントラーズの選手のエピソードを絡めて、アスリートにスナック菓子は良くないみたいな話は良く出て来ますね)。

今回はタイトル通り、サッカー漫画に出てきた食事、「サッカー漫画メシ」を取り上げたいのですが、筆者自身は、年齢的にも体力的にも、また肉体的にもアスリートと言うには程遠い(笑)ので、アスリートメニューを摂取したところで、猫に小判になってしまうので、漫画作品中に出てきたメニュー等の一部にクローズアップし、実際に食してみた内容について記述させていただきます。

まず「ジャイキリ」達海猛が言うところの「俺のおすすめ朝食セット」。なんて事はない、タマゴサンドとドクターペッパーが1缶です。海外での(おそらく)一人暮らしが長かったためこのような組み合わせなのでしょう。個人的には「朝から炭酸飲料」というところに違和感を感じた通り、空きっ腹に炭酸飲料は強烈でした(笑)。飲んだ直後よりも、飲んで暫くしてからの胃への残留感を強く感じました(もしかしたら、この残留感で腹持ちよくさせてるのかも知れませんが)。

「アオアシ」の一条花の肉の焼き方。アシトの肉(カルビ)の焼き方がなってないと指摘したのち、自分で焼いて見せた時のセリフ「脂をもっとしっかり焼くことでおいしくなるし、胃への負担も減る!」「いわゆる片面8割裏面2割…」「表面をカリッとさせることで肉の食感にアクセントを。」の部分。何処か焼肉の正しいマナーみたいな感じですが、この焼き方を実践して焼いて食べてみると…なるほど、これが焼肉の味なんだ、と感心すること請け合いです。皆さんにも是非お勧めします。

 

追記

この原稿を書いた日の夕食がカレーだったのでおまけを。「BE BLUES」の中で、黒部監督が退任の際に部員たちに振舞った手作りカレーが美味しそうに見えましたが、部員たちはどのような味に感じたのでしょうか?少なくとも一生忘れられない味であったのではないかとは思いますが…。

 

サッカー漫画考察 サポーターのあるべき姿「ジャイキリ」羽田政志編

実際のプロサッカーチームのサポーターというと、一部の偏った報道のせいか、比較的悪い印象を受けがちです。また、ちょっと前にあった、元代議士のツイートに本気で腹を立て、更なるいざこざを招くなど、「喧嘩っ早い」「脳筋」といったことを捲し立てられることも、しばしばあります。

それがサポーターとしての本来あるべき姿なのでしょうか?

「ジャイキリ」ETUのサポーター集団「東京スカルズ」を率いる羽田も最初登場した時は、そんなイメージのキャラクターでした。しかし、話を追うごとに、ただ単にいかついだけの人物ではないことが判明してきます。

「俺たちユナイテッドスカルズはETUを勝たせるために存在する 俺たちの力を信じろ チームを強くするのはサポーターだ」(3巻 25話)

「忘れるな!!俺たちの声はチームを動かせる!!俺たちの声は大きければ大きいほど…選手はギリギリのところで踏ん張れるんだ!!」(11巻 104話)

「選手だよ 選手のためだけに声ふりしぼってんだよ 俺たちユナイテッドスカルズは」(24巻235話)

かなり昔ですが、某コント番組でサッカーのサポーターをネタにした話があり、その中で「おっさんも騒ごうぜ」というセリフがあったことを記憶していますが、ただ騒いでいるだけというのは違う訳ですね。

拡声器もフラッグもチャントも、試合を見に来ている人のストレス解消のためにあるのではなく、選手のためにある…素晴らしい美学です。

この羽田の姿勢、問題を起こしがちの一部の「自称サポーター」の方にも見習ってもらいたいものです。問題視されるようなゲームフラッグや横断幕を掲げたり、対戦相手の選手を汚いヤジで誹謗中傷したり、応援しているチームが負けた腹いせに破壊的な行動を起こすなど、あってはいけないことです。

「サッカーは誰のためにある」という話をここでするつもりはありませんが、少なくとも、そのような輩のためにあるのではない、とだけは言えるでしょう。

サッカー漫画考察 「ジャイキリ」おじさんサポ達の心理

2018年のJリーグが開幕しました。

時間的なタイミングが合いましたので、今回は私もエコパスタジアムのジュビロ磐田対川崎フロンターレの開幕戦に足を運びました。

私自身開幕戦に足を運んだのは何年振りだろうと、振り返らなくてはいけない程遠い過去の話でしたが、毎年来る人、あるいは私と同じように、久しぶりに足を運んだ人など様々だったことと思います。

で、ジャイキリ25巻でETUの東京スカルズのコールリーダー羽田を軸にして話が展開されているのですが、その中で、ライトなサポーターは3年周期で入れ替わる、みたいな話があった訳ですが、私が今回足を運んだ磐田戦では、3年周期で戻って来るサポーターもいる、ということを感じました。

ETUはユニフォームのデザインがほとんど変化のない設定なので、昔のレプユニを着用して行っても違和感はない(25巻ではなかったと思いますが、実際におばあさんサポが昔のユニフォームを着ているシーンがありました)のですが、実際の磐田のユニフォームは毎年デザインが変わっていて、昔のレプユニと今年あるいは去年のレプユニが混ざり合い、みんなで応援のコールをする…そんなシーンを見ました。

同じ10番でも「SHUNSUKE」と「YAMADA」とはいった10番がいるかと思えば、「TAGUCHI」とはいった7番を着用しているサポ、中には名波監督の現役時代のレプユニのサポもいました。

「ジャイキリ」で達海監督の現役時代のレプユニを引っ張り出してスタジアムへ駆けつけたおじさんサポの姿もあり、もしかしたら今回の観戦者にもそういう人がいたのではないかと思いました。

しかし、ずっと応援しているコアサポからすれば、強くなってからスタジアムに舞い戻ってきたような人たちの存在は面白くないのが正直なところです(実際「ジャイキリ」の中でも、コアサポのそういう心情を描いている部分がありました)。

しかし、そんな中でスタジアムに戻ってきたサポは、昔のエネルギーに溢れ熱気に包まれた場所に、どこか懐かしさのようなものを感じたり思い出したりして、戻ってきたような気がします。ETUのおじさんサポ達、今日エコパスタジアムでみた人達、自分自身…今の生活のどこかに苦しみやうっぷん、あるいは辛さなどを感じていて、これから変わるであろう、自分が応援するチームに自分自身も変わりたいという心情を重ねてスタジアムに戻ってきた…そんな感じがしました。

 

サッカー漫画考察 プロでいられることの凄さ「ジャイキリ」ネタ

今回は、こんな「ジャイキリ」ネタで。

30巻の達海猛引退試合の話は、漫画をネタにした各方面のブログで多く語られています。

ETU監督の達海が、使える選手が少ないという理由から、現役復帰を宣言して、現役組とミニゲームを行うのですが、ケガやブランクによる影響はさすがに大きく、結局6-1のスコアで敗れ、そこで、達海は現役引退を改めて表明します。

その引退試合のなかでの「俺はさ・・・あいつらにもう一回考えて欲しいんだよね・・・・

ボールを蹴られる喜びとか ゲームが出来る幸せとか 凄い事なんだよ プロでやるってのはさ・・・・ 自分の好きなことを追及して・・・それで生活できるんだから・・・ あいつらに もう一回分かってて貰いたいんだよね・・・・ その幸せな時間は 永遠に続くわけじゃねえってことを」と言うセリフに考えさせられるものがありました。

2017年版のレジャー白書によると、10代男性の45%弱、10代女性の15%強が日本でサッカーをやっている

そうで、そこから年代を追うごとに減少しているようです。特に、10代から20代へ推移するときに急激に減っているのですが、中学あるいは高校まででサッカーを終える(あるいは辞める)人が多いという理由も絡んでいるのではと思います。

サッカーを続けたくても続けられない、それが上には上がいるという事を知ったり、あるいは、ケガなどが原因で諦めたりといった挫折もあるのでしょう。しかし、プロになる人たちは、そう言ったものを乗り越えてプロになり、また、そこでも常に試合に出る選手たちは、更にそこから上の段階すら乗り越えている訳です。まさしく「凄い事」なんだと思います。

その「凄い事」も、慣れて来ると当たり前の環境となり、「凄い事」を「凄い事」と感じなくなってしまう。そこから生まれる「気の緩み」や「妥協」し、進化することを辞めてしまう、あるいは諦めてしまう…そんな選手たちへ、達海は警鐘を鳴らしたかったのかも知れません。

「自分の好きな事を追求して、それで生活できる」ことの凄さと、「その幸せな時間は、永遠に続くわけじゃない」という儚さ…表裏一体の時間の中で、必死になってプレイをしている選手の背中には、ピッチに立てなかった人たちの、夢や想いが重なっているのかも知れません。