【レビュー】 思春期生命体ベガ 作者:林家志弦

短編
著者:林家志弦
ジャンル:現代ガールズラブコメヒロイン
特色:コメディ 微百合 侵略 正義 弱ヒロイン

読み切り1本、思春期生命体ベガの4話と描き下ろしが入った単行本です。
 
 
西暦2030年、寂れた海沿いの温泉街。
 
サーファー、新婚さん、怪獣と宇宙人琴平ベガが彩る街のお話しです。
 
 
温泉街には時々宇宙怪獣がやってきます。
 
それをベガが倒すのですが、ある日ベガは巨大化したり、空を飛んだり、光線が出したりできなくなります。
 
それが鷲峰ありさのせいだとして、できるようになるためキスをするように迫る、というのが本線?です。
 
 
とにかくベガのキス迫り方がガサツで、ブチューとかキッスとかラブチャージとか、こちらが噴きだしそうな言いまわしと態度で迫って行きます。
 
途中ライバルの出現で鷲峰の嫉妬やベガの思い違いが拍車をかけます。
 
 
短編ですが、後味も悪くなくすっきり楽しめる百合ラブコメ漫画です。
 
 
この2人と同じ料理部の1年、田辺ちゃんが何か巻き添え可哀想なところもいい味出してます。
 
 
作者の林家氏は、はやて×ブレードなどでおなじみの、百合とコメディを描かせればピカ一な方です。
 
照れくさくて苦手だった「キス」という単語を克服するためにベガは描いたそうですが、克服できなかったそうです。
 
できないと思います(笑)
 
巻末のドラマCDの話しをみて、買えばよかったと後悔。
 
まだ買っていない人はドラマCDセットのものをお勧めします。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 ECHO/ZEON -エコー/ゼオン- 作者:六道神士

完結
著者:六道神士
ジャンル:現代超能力
特色:超能力 微エロ 権力 お家騒動 学生 推理 陰謀

それぞれ様々な背景を持つ、学生3人をメインにしたお話。
 
高い行動力お金が好き遠古賀紫(とおのこがゆかり)が、様々な依頼を有料で受けて解決する学生生活を送ります。
 
その手伝いをさせられる幼馴染で、空手道場の跡取り、星丘高雄(ほしがおかたかお)と、「音」を自在に操る能力を持つ聖観世(ひじりかんぜ)の3人。

 
 観世鳥の囀り救急車非常ベルを忠実に再現できる、に関する声真似を越えた能力を持っています。
 
音の響き反響世界を観る事ができると思われる彼女を、は利用しつつも疑問を感じていきます。

 
前半は依頼を解決しながら3人のいい関係を紡いでいきます。
 
後半は観世過去と能力の謎、紫が自分を犠牲にするほどの借りがある先輩、白川筑紫(しらかわつくし)の話しになっていきます。

 
複雑な過去を持つ観世若干天然真面目な性格白川先輩の 
悲しい末路に、複雑な心境になりました。
 
自分いらないんじゃないかという怖さ
 
観世白川先輩にはこの恐怖が共感しあっているのかもしれません。

 
サブキャラもこの深い問題を柔らかくする存在として関わってきます。
 
高雄の親族も紫と観世に優しく、さりげない思いやりなどが感じられます。
 
親族関係は、六道氏の十八番キャラ属性かと思います。
 
紫の家柄の関係でお金持ちの人達も出てきますが、お色気担当のちょっと可哀想な青山さんとかいい感じです。

 
残念なことに、少々話しが中途半端で完結している感が否めません。
 
ぜひどこかで続きを観てみたい、そう思わせる作品です。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 射 〜Sya〜 作者:大塚志郎

漫画:射~Sya~
ジャンル:現代高校部活
特色:学生 弓道 萌 微色気 微百合

馬鹿でドジ、貧乳の矢澤正弓(やざわまさみ)が、弓道部部長の間堂美射(げんどうみしゃ)ドジったところを助けられるところから物語は始まります。

 部長は正弓の貧乳を才能とみて弓道に理想的、と誘うのですが、正弓貧乳をコンプレックスに思っていたため凹みます。

 団体戦出場の人数に満たない部のため、理論派の副部長、高橋学(たかはしまなぶ)がうまい事巨乳になると言いくるめて入部に導きます

 入部理由は不純ですが、巨乳になりたいという思いに、弓道の基本をしっかり学んで進んでいきます。

 話し的にはコメディ路線ですが、弓道についての話しもそうなんだ、と思わせるものもあり、面白いです。

 正弓のドジなところや、何とか理屈で乗り切ろうとする学、貧乳と連呼する美射、そんな部長に嫉妬する神崎祈(かみさきいのり)、パワーで押し切る荒井力(あらいちから)それぞれに魅力があって応援したくなります。

 路線補正係のが結構キーかなと思ってたりします。

 1巻のあとがきで、読者に弓の魅力を伝えて弓を始めてもらいたいと、作者の思いが美射を通して綴られています。

 さすがに弓道を始めるのは難しいですが、この漫画を読んで弓道も面白いなぁと思いましたので、趣旨は伝わってると思います。

 弓道に興味なくても、学生達萌えドジっぷりな姿をみて和みながら読んでいただけると嬉しいです。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 大江山流護身術道場 作者:KAKERU

完結作品
 
漫画:KAKERU
ジャンル:現代護身術
特色:学生 武術 武道 護身 微エロ 微暴力

トラブル体質の高校生中村睦月が、ごろつきに絡まれているところを中学生の大江山夏助けられるところから始まります。
 
睦月が護身術を通して、トラブル体質を解決していく流れで物語は進みます。
 
ごろつきに復讐されそうになったり、痴漢に襲われたり、変質者に襲われたりとトラブルが起こりますが、大江流護身術を学んでいくうちに、回避できるようになっていきます。
 
通常の格闘漫画とは違い、「護身」について描かれている事が特徴です。
 
勿論、睦月の回りに起きる危険な事は、1人に起きることとしては多すぎますが、日常にあるトラブルどう対処するかを考えさせられる所があります。
 
通り魔に襲われたらどうするか、痴漢にあったらどうするか、密室に連れ込まれたらどうするか。
 
どんなに強い格闘家でも、後ろから不意にナイフで刺されれば死ぬ事もあります。
 
「襲われる」とはどういう事か。
 
確かに、と考えさせられるところがある漫画です。
 
 
作者は「魔法少女プリティ☆ベル」「天空の扉」などを手掛けているKAKERU氏です。
 
大江山流護身術道場残念ながら打○切りになってしまった作品ですが、これらの漫画の中にも大江山流護身術道場の内容・思想が盛り込まれているように思います。
 
漫画の中に魔法少女プリティ☆ベルに出てくる魔王が出ていたりしますので、探してみてください。
魔法少女プリティ☆ベルにも睦月がでています。
 
合わせて読んでもらえるとより楽しめるかと思います。
(ただ、入手が困難かもしれません)

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください

 

【レビュー】 咲日和 漫画:木吉紗 キャラクター原案:小林立

著者/編集:木吉紗
キャラクター原案:小林立
特色:4コマ ほのぼの お笑い 日常 学校

美少女麻雀漫画・アニメでおなじみの、咲-Saki-シリーズに出てくるキャラクターのんびりした日常を描いている4コマです。

学生という事もあり、学校での出来事が多いですが、キャラクターの家族雀士の日常生活なども描かれています。

原作の咲-Saki-を知っていれば楽しめますが、知らなくてもクスッと笑えるようなネタが多く初めて読んでも楽しめると思います。

個人的には風越女子高校の池田華菜(いけだかな)3つ子の妹達と、宮守女子高校の小瀬川白望(こせがわしろみ)がお気に入りです。

3つ子の妹達の動きは、ああ、何かこういう子供いるよね…と思って和んでしまいます。
 
華菜が翻弄されるところや、麻雀部の仲間が遊んであげるところなど、ほのぼのが伝わってきます。
 
白望はめんどうくさがりなのですが、だるい中ぼそっと突っ込みを入れてるあたりがいいです。

本カバーをめくるとおまけがついている事がありますが、この単行本は下からみるのを忘れないようにしてください。

 ほのぼのした4コマが好きな人にはお勧めです。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 波打際のむろみさん 作者:名島啓二

著者:名島啓二
ジャンル:現代ほのぼの
特色:ほのぼの 弱恋愛 ギャグ お笑い 人魚 人外

高校でたった一人のフィッシング部部員、向島拓朗(むこうじまたくろう)が、近所の堤防で博多弁を話す人魚むろみさんを釣りあげるところから話しは始まります。

むろみさんの行為や発言に突っ込むのが拓朗の役目という感じで進んでいくほのぼのお笑い漫画です。

他にも様々な人魚が出てきたり、河童イエティハーピーなども出てきます。

非人間が織り成す様々な不満や欲望が語られるのですが、無理やり理論だててるのになるほど、と思わず納得するシチュエーションもあったりします。

話の間に海の生き物登場人物(怪物?)解説などもあり、作者の趣味がうかがえます。

作者の名島氏は、この作品を連載する前、月8ページの漫画を書いていた(聖☆ビスタチオ学園)らしいのですが、それでも生活は安定していたので週マガ連載に拒絶反応があったそうです。

連載から半年足らずで10kg減り、胃腸を患いながらも頑張って描かれているそうです。

たまたまテレビの新しいアニメをチェックしている時にこの作品を知りました

最初はそこまででもなかったのですが、1話をみてなかなか面白そうと思っているうちに単行本を買いそろえてしまいました。

私はイエティと、人魚たちが酔っぱらうと流れ着く海岸にいるシェルという女の子お気に入りです。

ほのぼのお笑い好きな方は、ぜひ読んでみてください。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 紅殻のパンドラ -GHOST URN- 漫画:六道神士 原案:志郎正宗

漫画:六道神士
原案:志郎正宗
ジャンル:近未来ファンタジー
特色:ロボット 紛争 微ギャグ 弱下ネタ 萌 ほのぼの

近未来の高度に発達した情報ネットワークが世界を覆い始める一方、紛争や災害で政治経済が混沌とした時代が背景です。

 全身義体の主人公、七転福音(ななころびねね)が、舞台となる人造リゾート島に向かう船の上で、実業家のウザル・デリラという女性と出会うところから物語が始まります。

 この島で、ウザルを狙った大規模テロが発生し、福音はそれに巻き込まれていきます。

 その中で、福音はウザルの所有する戦闘アンドロイド、クラリオンのおなかにある端子に接続する事で、「パンドーラ・デバイス」にアクセスし、スキルを使う事ができるようになります。

 このスキルをどう活かすかがカギとなりますが、福音自身はこの能力を使う事にためらいや引け目を感じていきます。

 この先の福音の成長が気になる漫画です。

本来なら世界征服くらいできそうな能力なのですが、ほんわりした福音の性格のおかげで秩序は保たれています。

また、福音はクラリオンを溺愛していて、福音を守るように命令されたクラリオンの反応との差がいい萌えっぷりです。

福音とクラリオンの身元引受人となった崑崙八仙拓美(ころばせたくみ)も面白い萌えキャラです。

幼い外見ですが、電脳マーケティングを牛耳る崑崙八仙財団の総帥で、大企業が名前を聞くだけで全力で媚びる実力者です。

この媚びる様は、六道氏の十八番で私は好きです。

他にもウザルを裏切ってぼこぼこにされる、笑えるくらいに可哀想な部下の女の子たち。

事件を報道してて巻き込まれる、イケイケ新人レポーターのブリ○○・○ー○○○(いつも名前を全部言わせてもらえない)の無駄な努力など、サブキャラクターも魅力です。

この作品の原作者は志郎正宗氏です。

攻殻機動隊など、近未来のロボット世界では有名な漫画家が、なぜか六道氏に漫画を書いてもらっている異色の漫画です。

巻末に志郎氏が書いたラフイラストがあるのですが、六道氏は単行本収録の場で初めて見ると言う裏話が載っています。

志郎氏のラフ六道氏の漫画ギャップも楽しめますので、ぜひ読んでみてください。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 ヒカルの碁 漫画:小畑健 原作:ほったゆみ

僕が急に囲碁を再開したのには、理由があるのです。最近「ヒカルの碁」という少年マンガに夢中になっているからです。このマンガの影響で小・中学生の間で囲碁がブームになったと聞きました。またこのマンガの主人公は、進藤ヒカルという小学生なのですが、実は彼は全く囲碁など知らない子供でした。それがある日、祖父の家の屋根裏部屋で古い碁盤を見つけたのですが・・・・その時に平安時代の名人「藤原作為」の亡霊(といってもとてもハンサムでチャーミング)にとり憑かれてしまうのです。
 初めのころはヒカルにとり憑いた「作為」がヒカルの体を借りて碁を打ちます。そして囲碁界の最高峰である、「塔谷名人」の長男であり、天才小学生「塔谷アキラ」を簡単に負かしてしまうのです。名もないど素人のヒカルに打ちのめされたと錯覚したアキラは、もちろん「作為」の存在などは知るよしもなく、その後ヒカルを追いかけることになります。
 一方初めは囲碁に興味を示さなかったヒカル自身も、アキラを知ってからは、次第に囲碁にめざめてゆき、プロをめざしていくというお話なのです。 原作は女性なので、ちょっと少女マンガ風の味もしますが、とにかくス卜ーリー展聞が変化に富んでいて、楽しいし、なんといってもキャラがどれも個性的で魅力に溢れているので、あっという間にコミック25冊+別巻2冊を読破してしまいました。
 最終回の終わり方には消化不良感が残った人が多かったかもしれませんね。しかし僕は、余韻を残したまま、読者の心にヒカルの末来を託した『著者の良心』を買います。また最後にヒカルが言った『遠い過去と遠い末来を結ぶため』という言葉には痛く感動しました。まるで作為が一瞬甦ったように感じたからです。
 ちなみにこのマンガは、一応女流プロの監修つきですが、原作者がほとんど囲碁を知らない女性のためか、
棋符や囲碁技術の解説場面はほとんどないので、囲碁の解説書的な目的で購入しても全く役に立ちません。 逆に言うと、囲碁を全然知らない人でも、判りやすく楽しく読むことが出来るということになるのですね。

 

この記事は蔵研人様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:蔵研人様
転載元URL http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/
蔵研人様の最新の記事は上記URLをクリックください。

【レビュー】 遥かな町へ 作者:谷口ジロー

48歳の会社員中原博史は、京都出張が終わって、真直ぐに東京の自宅に帰るつもりだった。ところが無意識のうちに、フラフラと故郷・倉吉へ向かう特急列車に乗ってしまう。そして変わり果てた倉吉の街中を、トボトボと歩いているうちに、いつの間にか亡き母の菩提寺へ来てしまうのだ。そして亡母の墓前で、昔のことをあれこれと考えていた。彼の父は彼が中学生のときに、母と自分と妹の三人を残して、突然謎の失踪をしてしまったのだ。その後二人の子供と体の弱い祖母を抱えて、母は一人で夢中になって働き、子供達が独立するのを待っていたかのように、過労のため若くして亡くなってしまったのである。
 母の墓前で昔のことを思い出しながら、うとうとして気がつくと、博史は心と記憶は48歳のまま、14歳の中学生に変身していたのだ。信じられないことだが、町に戻るといつの間にやら、そこは懐かしい34年前の故郷の風景に戻っていて、無くなってしまったはずの実家も復活しているではないか。もちろん家には父も母も祖母も妹もいた。
 つまり34年前の自分の体の中に、48歳の自分の心が、タイムスリップしてしまったのである。
 この手の展開はケン・グリムウッドの『リプレイ』と全く同じ手法である。ただ『リプレイ』の場合は、未来の記憶を利用して博打や株で大儲けし、美女を思いのままにしたり、という派手な展開であった。そしてある年齢に達すると、再び青年時代に逆戻りを何度も何度も繰り返すのだ。
 本作『遥かな町へ』は小説ではなくマンガであるが、『リプレイ』のような派手な展開や繰り返しはなく、じっくりと、ほのぼのとしたノスタルジーを喚起させてくれる大人向けの作品なのである。中学生に戻った博史は、実務で鍛えた英語力と落ち着いた雰囲気で、高嶺の花だった同級生の長瀬智子に好意を持たれて、彼女とつき合い始めるようになる。
 そして優しく美しい母、働きもので誠実な父、明かるくオテンバな妺、父母の巡り合いを知っている祖母達との、懐かしい生活が続くのだった。そんな楽しい中学時代を過ごしていくうちに、いよいよ父が失踪した日が近づいてくる。
 人は皆、もう一度人生をやり直せたらと、考えたことが必ずあるに違いない。でもそれは現在の記憶を持ち続けると言う事が条件だろう。そうでなければ、結局は同じ事を繰り返すだけで、全く意味がないからだ。
 しかし赤ん坊のときから、以前の記憶を持ち続けていたら、きっと化物扱いされるだろうし、自由にならない身体にイライラしてしまうに違いない。だからこの手の話では、青年時代あたりに戻るのであろう。
 もし自分も同じように、現在の記憶を持ったまま過去に戻るとしたら、どうしようか・・・だがそれは無しにしたい!。古い懐かしい思い出は、美しく改竄されたまま、そっと心の中にしまって置きたいし、再びふり出しに戻って生きてゆくことが、とても面倒な年令になってしまったのである。

 

この記事は蔵研人様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:蔵研人様
転載元URL http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/ 
蔵研人様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 バガボンド 作者:井上雄彦

 「天才バカボン」みたいで、言い憎いし奇妙なタイトルである。外国語で『漂流』というような意味らしい。 原典は吉川英二の『宮本武蔵』であり、吉岡道場へ辿りつく迄は、ほゞ原作に忠実だったが、その後かなり独自のアレンジを加えているようだ。
 大きな話の流れは変わらないのだが、武蔵以外の主な登場人物のストーリーを、かなり時間をかけて掘り下げ、作者独自の解釈を加えて面白く描いている。
 後半は、なんとなく作風が「平田弘史」や「白土三平」に似てきたようである。とりあえず第1章の1~20巻まで、一気に読了してしまった。
 この時点では、まだ佐々木小次郎も武蔵と戦っていないし、有名な吉岡一門との一乗寺下り松の決闘にも行きついていない。
 まだまだ先は長く、人気絶調なのに長期間休載されていたが、先ごろ構想新たに、第2章として雑誌掲載が再開された。さっそく21~22巻を読んだばかりだが、やっと吉岡一門との戦いの火蓋が切って落とされた。この調子だと一体あと何年間、何巻位迄続くのだろうかと気がかりである。

 

この記事は蔵研人様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:蔵研人様
転載元URL http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/ 
蔵研人様の最新の記事は上記URLをクリックください。