テンポのいい卓球漫画。 【感想】 卓上のアゲハ 作者:古屋樹 読み切り 週刊少年ジャンプ 2014年30号

テンポのいい卓球漫画

読みやすくて、ノリのいい卓球漫画です。主人公ははやりのメガネ系男子で、女に興味がない系ですが、ムッツリです。そのムッツリ加減が面白くて、今まで見たムッツリの中で一番、爽やかなムッツリです。不思議な感じです。

ヒロインの破天荒な性格がストーリーを動かす

全体的に恋愛要素たっぷりのスポーツマンガなのですが、あだち充的なわけではなく、なんというか、高橋留美子的ですね。お色気あり、主張の激しいヒロインあり、しかもヒロインが物語を動かしていくというのは、すこし新しいです。

主人公のかっこよさとヒロインの可愛さ

主人公は、なんというか独特なかっこよさがあります。正統派主人公というよりかは曲者系主人公で、ハイキューで言うと日向というか影山ですね。見た目もなんか影山っぽい。で、ヒロインは、まあ、自分がモテることがわかっていて、そこにプライドを持っているというタイプ。性格はギリギリ悪いとは言い切れないかっていう感じで、なかなか見ていて楽しいキャラ設定です。個性あります。

もし連載になったら

恋愛要素を、しっかりと押していくと面白いと思いますね。卓球の試合は、それほどページ数を割かないほうがよさそうです。卓球を題材にしたニセコイって感じでいくのが一番かと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です