これもう、最終回だな。 【感想】 聲の形 第43話

どういう事件が起きて、どうしてこうなったんだろう

先週からの展開の続きです。当サイトでは毎週、聲の形の感想を書いていたんですけど、実は先週は書きませんでした。なぜかというと、硝子に起こった事件があまりに悲惨すぎて、ちょっと、受け入れがたくて、いまいち感想も浮かばなかったからです。

先週の硝子を見ると

ベランダに立つ彼女の帯がないんですね。あれ、なんていうんでしょう。帯の下にまく紐のようなものだけなんです。たぶん、お祭りから帰る途中に、誰かに襲われたんですね。それで、彼女は抵抗して、帯は取られてしまったけど、家に逃げ帰ったと思うんです。あるいは、人が来て帯を取られたところで助かった。そういう事件が彼女の心にどういう影響を落としたのか、わからないのですが、それでベランダというわけです。

そこまで、過酷な運命はいらない

この物語は、あくまで人と人との心の交流の物語ですから、そこまで過酷で悲しい運命はいらないと思うんですね。それで、すでに将也と硝子は、両想いなわけですから、この物語はハッピーエンドで終わるところだと思うんです。最早、友達がどうとか、小さな問題にしか感じられない状況です。ただ、物語として完結するには、最後に盛り上がりが欲しい。それが今回の事件じゃないでしょうか。この事件を二人は乗り越えるか、乗り越えられないか。そこで一悶着あって話が終わるのかと思います。3週間以内に最終回が来ると予想します。みんな幸せになって終わって欲しいなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です