アルバが練白瑛に乗り移る的な展開はあるか? 【感想】 マギ 第240話

展開はやい

アルマトラン編が終わったと思ったら、また新たな展開です。物語は終わりに向かっているのでしょうか、出し惜しみなしで非常に速いです。読者の、練玉艶の正体は誰かという推理をあざ笑うような展開です。
現世界のマギの存在は、いまいち理解できてません。3人のマギは誰が生み出したとか、そういう話ありましたっけ。ウーゴくんが生み出したでいいですっけ?いやもう、展開早くていまいちついていけません。

白龍ひさしぶり

今回は久しぶり練白龍の話が出てきます。彼は、練玉艶の子どもですから、よく考えれば、すごく特殊な存在ですね。アルバの子どもということになれば、相当重要な立ち位置になりますね。少なくとも、現世界で生きている普通の人間とは違う特性があるのではないかと。それを言ったら、練白瑛も同じですね。彼女は、物語のかなり前半から活躍しますから、それなりに重要なのかもしれまん。アルバが練白瑛に乗り移る的な展開もあるのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です