【漫画の名言】 最下位でも何でもいいから、絶対・・・・ゴールまで歩いてやる。 1位と最下位との差なんて大したことねーんだよ。 ゴールすることとしないことの差にくらべりゃ。 南波六太 -宇宙兄弟より-


”最下位でも何でもいいから、絶対・・・・ゴールまで歩いてやる。 1位と最下位との差なんて大したことねーんだよ。 ゴールすることとしないことの差にくらべりゃ。”

宇宙兄弟 南波六太

宇宙兄弟より。

「途中で諦めずに最後までやり遂げることの大切さ」を心に強く響く言葉にしてると思う。

30歳をすぎてから、子供の頃から夢だった宇宙飛行士を目指しがんばっている南波六太のかっこよさとあいまって、とても心に響きました。

そして最下位=かっこ悪いことと決めつけて、そうなるぐらいなら途中で止めて諦めてしまってる自分に気づいた。

それからは、そういう状況になった時にも、途中で止めるよりは最下位のほうがはるかにかっこいいよって思ってがんばれるようになった。

そして、仮に最下位になったとしても、諦めずに最後まで続けていればそれは次に繋がるんだなって改めて実感しています。

人に言われてもたぶん素直に聞けなかったと思うけど、漫画だからこそ素直に聞けた気がします。

 
””は、講談社「宇宙兄弟」 作者:小山宙哉 から引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です