笑ゥせぇるすまん「日曜クラブ」より ~なぜ笑ゥせぇるすまんは長く愛されるのか~

「笑ゥせぇるすまんNEW」が2017年に放映される等、「笑ゥせぇるすまん」は実に長く愛されている作品です。今回は、その人気の理由をアニメ79話「日曜クラブ」を例に説明します。

【あらすじ】

内名木(53)は、月曜日にどうしても遅刻してしまう「月曜拒否症」。このままでは全面的な会社拒否症になると警告した喪黒は、彼を「日曜クラブ」に連れて行き…。

アニメ版のこの話の結末は大変おぞましく仕上がっています。数多のうめき声が建物中に響き渡ります。しかしこの結末こそ、笑ゥせぇるすまんが愛される理由を感じます。ポイントは「恐怖」と「比較」です。

 

まずは「恐怖」です。そもそも「怖いもの」を好んで見たがる人が少なからずいます。笑ゥせぇるすまんだけでなく、ホラー映画やデスゲーム系のマンガ等も人気がありますね。

これは、タナトス(死の欲動)といわれ、人の心にはエロス(生の本能)とタナトスが、コインの裏表のように存在しています。コインの「表」を認識するためには、「裏」を見る必要があります。それと同様に、人は自分の「生」の有難みを知る手段として、あえて「死」に向き合うことで、バランスを取るのです。バランスが取れると、人は落ち着きを払えるようになります。

次に、「比較」です。喪黒に唆される人物は総じて心の弱さを露呈しています。彼らを見て我々はどんな気持ちを抱くでしょうか。

「あ~あっ」と憐れんだり、「しょうがないなぁ」と呆れたりと、彼らを下に見ることはあっても上には見ません。

これは「社会比較理論」の「下方社会的比較」といい、自分と自分より劣る人を比べる心理です。効果として、「自分の境遇はあの人よりはマシ」と、優越感や自信を得ることができます。

この2点は、笑ゥせぇるすまんの話ほぼ全てに当てはまります。生を実感し、ホッとする。つまり、「癒し」の作品なのです。時代が変わっても、癒されたい、自分は大丈夫と思いたい、そう願う気持ちは変わらない。それがこの作品の醍醐味ではないか。

作品の登場人物のように疲れた時には、まず生きていることに感謝し、下方社会的比較して自信を取り戻しましょう。

…とはいえ、下方社会的比較は度が過ぎると、向上心を無くし、無気力になり、内名木さんのようになってしまうので程ほどに…。

ホ~ッホッホッホッホッ!!

 

Amazonプライム会員ならAmazonvideoで現在無料で視聴可能です。視聴してみてはいかがでしょうか?

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください