暗殺対象とは誰なら可能なのだろうか。 【レビュー】 ステルス交境曲 ステルスシンフォニー 第3話

暗殺者とパン屋

パン屋を営む暗殺者に殺されそうになる主人公。
しかし紆余曲折あり助かる。

暗殺者が捕まらない理由

街に現れた外敵を退治する仕事によって暗殺者という生業を認められている。
一般人の殺害は認められいないとの事だが、では暗殺対象とは誰なら可能なのだろうか。
政治家や芸能人か?

今回は街に現れた房総ゴーレムを夕凪ソウヤは一撃で片付けた。
これからどんな展開になるか楽しみな作品だ。

-週刊少年ジャンプ 2014年15号 ステルス交境曲-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です