【レビュー】 ジョジョの奇妙な冒険 第2部 作者:荒木飛呂彦 ~一番地味なジョジョ~

ふざけた態度のジョセフ

”ま・・・またまたやらせていただきましたァン!”

主人公ジョセフが戦闘中に発した台詞。これだけでも彼がオチャラケてるのがわかる感じ。

割りと真面目なジョナサンの血統の中で珍しくうオチャラケた性格のジョセフ・ジョースター。彼も非常に魅力的ですね。ちなみに彼はジョースター家の中では異端な人生を送っていて、まず長寿であること第4部でも登場し80歳?くらいになっていた。ジョースター家はみんな短命。浮気した。これにはスージーQ大激怒。

知恵で勝負

第2部ではまだスタンドは登場してません。なので主人公であるジョセフたちは波紋とアイデアで戦います。このアイデア勝負がかなり面白くて好きですね。

人間以外の化け物に知恵勝負

ぼくは圧倒的に強い化け物に人間が知恵で挑むという話が好きです。何故かというと人間は本質的に弱いじゃないですか。虎や熊と素手で戦ったら絶対勝てない。でも人間は知恵で全ての生物に勝って繁栄しました。だから知恵で化け物に勝つという事は人間の凄さじゃないですか。これが好きなんだと思います。

知恵こそ人間賛歌

ジョジョの奇妙な冒険のテーマは人間賛歌ですが、まさに知恵での戦いこそ人間賛歌だと思うのです。

”人間賛歌は「勇気」の賛歌ッ!!
人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!”

これはジョジョ第一部ウィル・A・ツェペリの言葉です。
ああ、彼は勇気って言ってますけど、、、。
それも人間賛歌ですよ。うん。

アニメ版の出来が良かった

第2部は最近アニメ化したのですが原作の再現度が高く非常に完成度も高くて面白かったです。魅力を再確認しましたね。

一番地味なジョジョ

実はぼくの中では第2部は一番地味なジョジョです。理由は、スタンド出てこない。ディオも出てこない。承太郎も出てこない。

だけど面白いアイデア勝負

しかし圧倒的に力で劣る相手にアイデアで勝負するジョセフは本当に面白いです。中には無茶なアイデアもありますが凄く楽しめますね。荒木飛呂彦氏の短編と同じような面白さがあります。ビックリするようなアイデアで物事が展開します。

シーザー・アントニオ・ツェペリ

シーザーというジョジョの仲間が出てくるのですが、そいつの死に様が本当にカッコイイです。

”シィィザーーァァァッ”

ジョセフのこの叫びはニコニコ動画などでタグになるほど有名です。

 

-集英社 「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦-

””は、集英社「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦から引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です