摩陀羅的世界観が好きなら。 【レビュー】 黒き妖のゴゴゴ 読み切り 週刊少年ジャンプ 2014年20号

中世日本が舞台の妖怪活劇

よくよく考えると少年誌に妖怪というのは本当に定番ですね。この作品の舞台は江戸時代よりももう少し昔の感じです。平安時代とかそんな感じでしょうか。そういった世界観の中で妖怪が出てきて。と言った感じですが。

妖怪のデザインがかっこいい

妖怪がかっこいいですね。「うしおととら」の妖怪の様なデザインで個人的に好みです。世界観、舞台、物語的には「どろろ」に近いかもしれません。絵の雰囲気的には初期の頃の「摩陀羅」的でもあり、その辺の和風ホラー活劇な仕上がりです。なかなか楽しんで読めました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です