福田仁次郎31歳 読者のアバター。 【レビュー】 ニセコイ 第122話

今回の話は、今までと違うスタンスだった

この作品は各話テーマがあって、それに対する登場人物たちのリアクションを楽しむというタイプのものですが、今週は違っていて面白かったです。まず、高校教師の福田仁次郎が登場します。彼の視点から楽たちを見ていきます。彼は普通の人なんで、普通の感想を持つんですけど、それが読者の気持ちを代弁していて面白いです。

なんで楽ばっかりモテるんだ。

とか、あたりまえの感想を持つわけですよ。いや、本当にそうですよね。読者は、読んでいるとき誰でも思うことです。小野寺とか千棘とかが多少、わけの分かんないこと言っても、かわいいから許すとか思ったり、ユイの肩を揉もうとして断らたり。肩を揉むって結構なセクハラだけどね。先生。そんな、普通な感じの、キャラクターは、この漫画でははじめてですよ。

そんな、普通の教師が紛れ込む面白さ。

ニセコイは普通の学園生活でも、登場人物たちはかなり、突拍子もない人たちです。普通キャラであるはずの、舞子も宮本ルリも今では、ちょっとした個性派です。そこで福田先生です。彼の普通フィルターが、楽たちの、個性を映しだして、特徴をはっきりとさせてくれます。新鮮です。これからもたまに登場して欲しいですね。
Sorry, there are no polls available at the moment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です