ナベケンはノイアーばりの守備範囲?【感想】 BE BLUES! ~青になれ~ 第167話

矢沢が意外といい動き

龍と優人とコーメイだけでは、さすがに勝負にならないのか、矢沢を結構活躍させますね。今回も、作成の中心ですし、なかなかいい役割です。
また、左サイドでのレノンとの勝負にこだわる様子も見せて、しっかりとキャラクターも立てています。この練習試合に参加している選手でキャラクターがしっかりと立っているのは、他にはレノンとナベケンくらいですね。彼らは、今後も主軸になってくるのかもしれません。将来の日本代表メンバーになる可能性が高いです。あとは桜庭。

ナベケンはノイアーばりの守備範囲?

ナベケンの守備範囲が広いから、ラインを上げることができるという話があるのですが、これがノイアーにしか見えませんでした。サッカー大好きの作者ですから、2014年ワールドカップネタは、これからどんどん出てきそうです。ハメス・ロドリゲスのゴールは、絶対作中で誰かがやるでしょうね。予想としては、再登場した諸星あたりが決めてくれるかもしれません。ポジション的に。

マネージャーたちは試合を楽しんでるな

メガネのマネージャー(窪塚 陽子)と優希が試合を見ながら、ああだ、こうだと言っています。楽しそうです。ミルコや藍子も参加して、かなり賑やかです。彼女たちの仕事は絵的に花を出すことと、解説ですね。スポーツ漫画に解説役は必要だよなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です