流星街で何かが起きたのか? [感想]HUNTER×HUNTER 第352話

[クロロの制約と誓約?]

351話からの続きでヒソカ対クロロです。351話の段階で引っかかっていたことなのですが、クロロは自分の使う念能力の説明をヒソカにします。ヒソカは「舐めているのかい?」と言っていましたが、自分の状況を悪くするようなことを、わざわざする必要があるのでしょうか?今週の戦いでも同様です。スキルハンターは本来、本を開いた状態でしか能力を使えませんでしたが、栞のテーマという能力を身につけ、栞を本に挟んだ状態であれば、本を閉じても能力が使えるようになりました。この説明をしているときに「厄介な制約は増えたが」とクロロは発言しています。その制約が相手に能力を説明する必要があるというものなのかもしれません。

[流星街や幻影旅団に何かが?]

351話でクロロは旅団メンバーであるシャルナークの能力を使いました。今週も旅団員の能力を使います。ただ単にヒソカを倒す間まで、能力を借りているのか、とも思いましたが、351話で使った能力、サンアンドムーンという相手を爆発させる能力は、流星街の長老の能力だったことが分かります。おそらく流星街の長老は死んでいます。キメラアント編でジャイロが流星街に向かっていったので、ジャイロ一派と流星街の住民達(旅団員も含む)の抗争があったのではないかと勘ぐってしまいます。クロロは旅団員に能力を借りたわけではなく、文字通り盗まざるを得なかったのかもと。

[ヒソカとクロロの戦いの展望]

クロロは正々堂々と正面から戦いを挑むのかと思っていましたが、どうやら、そのような戦いには、ならないようです。次週以降も戦いが続くと思いますが、戦いの鍵はクロロのサンアンドムーンと、ヒソカのドッキリテクスチャーであるのではないかと考えています。クロロは様々な手を使って最終的にはシャルナークの能力であるアンテナをヒソカに指すことを狙っていると思いますが、クロロはヒソカのドッキリテクスチャーの詳細を知りません。ヒソカがドッキリテクスチャーを駆使してサンアンドムーンでクロロを自爆させる。そのような展開を予想しています。しかし、まだ2話ともクロロのターンの話ですし、富樫先生は、我々の予想のもっと斜め上をいってくれることと思います。

HUNTER×HUNTER 第351話 ファンなら誰もが待ち望んでいた話

こんばんわ TAKEです。 HUNTER×HUNTERの351話についての感想です。

ついに実現したファン待望の戦闘!

HUNTER×HUNTER読者、誰もが気になっていたヒソカとクロロの対決が、いよいよ掲載されました。連載されていない期間が、あまりにも長かったので「幻影旅団が、どうなっていても、どうでもいいよ」などと、愚かな考えをもってしまっていましたが、いざ2人の戦闘が読めるとなると、年甲斐もなくワクワクしてしまいました。

どちらかが死ぬまで決着はつかない

ヒソカとクロロ、どちらかは死んでしまう模様です。クロロがデスマッチを提案し、ヒソカが快諾しました。ヒソカが好きな読者もクロロが好きな読者も覚悟しておいた方がいいでしょう。両者とも人気がありますが、どのような決着になるのでしょうか?個人的にはヒソカが勝つと考えています。なによりヒソカは冨樫先生のお気に入りですし。(でも0巻のインタビューで旅団の中では団長が一番好きだと答えていましたよね。)

クロロの念能力とヒソカの念能力

クロロの念能力といえばスキルハンターですよね。相手の念能力を奪い自分のものにする。この発ですが、今回の話で能力の真髄と言っても過言ではないものが出てきます。ヒソカは、それに対抗できるのか。 ヒソカは現在2種類の発を駆使してバトルをしていますが、この発だけでクロロと互角に渡りあえるのか。時々、ネットなどで話題になりますが、ヒソカの発はメモリが少ないので隠している能力があるのではないか?格下以外の実力の近い相手とバトルする描写は初めて、とも言えるので新しい能力がでるとしたら、この戦闘で、でてくるのでは、と思っています。

どのような形で、このバトルを終えるのか

次号もおそらく、ヒソカとクロロのバトルが書かれるかと思います。楽しみにしていた読者も多いと思うので、すぐに終わらせてしまうこともないのではないかと。バトルの展開は予想できませんが、勝敗の行方は、おそらくヒソカの勝ちという形になるのではないかと考えています。そうすることによってクロロ≒ゼノ、シルバのやり取りがあったことから、ヒソカが弱いというイメージも払拭されるのではないのでしょうか。クロロは100%当たる占いの能力を持っていることも気になりますね。自身の死は避けられそうな気もしますが。

蜘蛛とかゾルディック家とか出てくるのかな。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第349話

先週休んだことを考えると

書きためてないんですね。びっくりしました。これだけ長期休暇してたから、暗黒大陸編は半分くらい書きためてあるのかと思っていました。
相変わらず今週も密度が濃く、このクオリティは毎週は無理でしょうから、書きためた原稿が、そもそもないのなら、これからはかなり休載が増えると思います。これはファンには悲しい限り。

王位継承戦

暗黒大陸の冒険には、王位継承戦が同時に行なわれるようです。ルールは簡単で、生き残った一人が王位を継承するというものです。ただ、王子たちのなかには、子どもや赤ん坊もいるので、それを対象としての殺し合いは、いくら非人道的な展開が得意なハンターハンターでも無理だと思います。

王子たちの内の6人が護衛を募集して、という話になりましたから、これをきっかけに、ここまで絡む筋がなかったキャラクターが出てくるかもしれませんね。

まずいちばん可能性が高いのが、武力で金儲けをする蜘蛛の旅団ですね。団長と合流したんですっけ?彼らは出てきそうです。次に、ゾルディック家。護衛は暗殺ではないですが、14人の王子の暗殺をすでに依頼されていてもおかしくありません。それに絡んでキルアとゴンが登場するのかもしれません。

複雑過ぎる

それぞれの思惑が複雑ですね。

ジンとパリストン、ビヨンドとハンター協会。協会のなかでも、ミザイストムとクラピカ、サイユウ、その他の十二支んたち。複雑な思惑がないのはレオリオくらいですね。それで王子たちの王位継承戦があって、さらに国家間のパワーバランスがあったりで、すっかりと理解できません。誰か解説ブログやってくれないですかね。

取り敢えず合併号明けは、ちゃんと掲載されることを期待しながら待ちます。

 

今週のクラピカは物凄い女っぽい。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第348話

またまた今週は入り組んだ話

やはり、この作品はゴン、キルア、クラピカ、レオリオが中心なんでしょうね。クラピカの能力は、特別すぎますね。もはや主人公レベルです。レオリオだけぱっとしませんが、彼は能力じゃなく人間性で存在感を出すタイプですね。青年誌だったらレオリオが主人公でもいいくらいだ。

裏切り者探しとか、王子の思惑とか

細かな設定をずいぶんと丁寧にやりますね。それで、それぞれの人物、国家、ハンター協会、ビヨンドチーム、もうそれぞれいろいろな思惑があって、相関関係がよくわかりません。これちょっと、相関関係図と状況説明を一回雑誌側でやって欲しいですね。

ここまで込み入ってきたら

もしかしたら、人が入り組みすぎてグチャグチャになって、解決不可能だーという状況で、ゴンとキルアが登場する予定なのかもしれませんね。彼らが入ることによって、いろいろなものが咬み合っていって物語が展開するようなトリックで。といっても展開遅いなあ。

今週のクラピカは女顔だった

アニメ版の設定もあり、クラピカの性別に関してはネット上で未だに論争が続いていますが、今週のクラピカの作画は女っぽかったですね。薙切アリスふうですよ。十二支んの牛のやつと仲良しですね。牛は結構いけてるキャラになってきました。カッコイイです。キャラクターをかっこ良く見せるのとか自由自在なんだな。

ジンかっこいい。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第347話

底を見せずに凄さを見せつけるジン

暗黒大陸編に入ってから、ジンが凄いということを繰り返し、繰り返し描いていていますが、今週もすごかったです。
能力的にも、裏をかきながら、駆け引きでもパリストンの裏をかくという展開でした。

それでも今週はシンプルだった

とはいえ、それでも今週はシンプルなほうでしたね。
政治的な話は、ほとんどなかったし。しかし、ノーウェル基金はいまいち理解できませんでした。口座を作ると傭兵になるとか、命令に逆らえないとか、よくわかりません。ゆっくり読み返してみよう。

カネで寝返ったらアウト

結局どんな仕事もカネに対して不誠実なことをするとアウトになるんだなと。業務のレベルが上がれば上がるほど、その要求は上がっていくようですね。ジンは嘘を言ってる感じでもないですが、真意は別のところにあるような気もします。嘘は言ってないし、考えることも全部言っているけど、無意識にカネを渡す理由があるような。

パリストンとジン

結局、暗黒大陸編ははじまってからは、この二人が中心ですね。まあ、一番悪いことを考えてるのはパリストンですからね。絶対ジンの予想を上回って、すごい悪事するんだろうな。

 

ジンとパリストンはひねくれもの同士、意外と気が合う。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第346話

こんなの週刊連載できるわけない

ページ数こそ多くないですが、内容は物凄い濃さです。月刊誌でも、これ一本で3ヶ月くらい持たせられますよ。物凄い。
緻密に表現したいことがあって、それを削って削って、大事なところだけにしたけど、だけど、こんなに文字多くなっちゃいましたっていう、そういう感じだと思います。連載再開してからの密度は異常ですが、今週も一週間で詰められる内容じゃないですね。

十二支んの暗黒大陸での役割を、いちいち説明

一人ひとり、キャラクターの個性に合わせながら、暗黒大陸での役割が発表されます。会社だったら当たり前ですね。出張前に、役割分担を決めて、誰がなにをやるかはっきりさせる。その過程で、実際に行く必要がない人もいるかもしれないし、もっと人が必要かもしれない。とりあえず行くなんていう短絡的な出張は民間企業にはありえません。

ハンター協会も、ちゃんと事前に計画してますよ。正直、この部分だけでも、相当時間かかると思いますね。しかも、ここで決めた役割分担が、あとで物語に影響するわけですよ。

よく考えたらキメラアント編の潜入の時も、細かく作戦とか役割分担を決めていましたね。それを細かく決める描写があったからこそ、ナックルがユピーにシュートを馬鹿にされて、そこまで詰めてきた作戦を無視して、ユピーに喧嘩を売るシーンが泣けるわけです。

今回も、そこまで計算してるんだろうな。だから、そんなのは週刊連載してたら無理に決まってる。無理してクオリティ下がるなら、のんびりやってください。待ちますから。今週の密度と面白さは、本当に、そんな風に思いましたね。

作者は、パリストンが好きだな

屈折野郎パリストンは相当作者のお気に入りですね。話しの中でちょこちょこ出てきます。ああいう、クセのあるキャラクターが好きなんでしょうね。たぶん本当は会長選で退場で、今回は出る予定なかったんじゃないですかね。それが気に入ってしまって再登場みたいな。しかも、ジンと絡ませるという準主役対応。暗黒大陸編の主役はジン、レオリオ、クラピカだと思います。そこにパリストンを突っ込むわけですから。しかも今回パリストンはクラピカと接触しそうな含みがありました。

ミザイストルが、「パリストンはミスリードで、、、」という話をするのですが、そのくだりも、考察が深くて面白いです。一話かけて描けそうなことを、さらっと一コマくらいで披露するところに密度を感じます。

ジンとパリストンはひねくれもの同士

彼らはひねくれ者という共通点があるのですが、そのせいで意外と気があってしまうという演出があるのですが、それが、最高にカッコイイです。
ジンの無精髭が、あまりにカッコイイので、ぼくも真似して生やすことにしました。

 

ハンター冥利に尽きるだろ? 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第345話

ジンがやろうとしてることの謎

先週からジンがパリストンの邪魔をしているのですが、この目的がよくわからないですね。今週も、先週から引き続き、似たようなことをやっているのですが、やはりいまいち目的がわからない。相当な費用を費やしているわけですね。いくら彼がトップハンターと言っても目的がなく使う金額ではないわけですよ。

選挙のときは

選挙のルールを決めるくじ引きのときに獲物が思い通りに動けば、それがハンター冥利だと言っています。その感覚からいけば、今回もそういった気持なのでしょうか。パリストンを思ったように動かして、最終的にビヨンドもハンター協会も暗黒大陸も面白いようにするという感じなのでしょうか。ただ、雰囲気を見ていると、楽しむためという感じはしないですね。なにか、決意のような、覚悟のようなものを感じます。ネテロの残したハンター協会を守りたい。そういったところでしょうか。あるいは、ネテロの遺言通りに、最終的に暗黒大陸を攻略することを目的としているのでしょうか。

パリストンは、すでにジンの手のひらのうえ

彼は、ジンが組織に入り込んできたことに相当、腹立たしさを感じているようです。怒った人間の行動は読みやすいですから、かなりジンの策略にハマっているような気がします。ただ、パリストンはかなり屈折していますから、キライな人間に対してどんな態度を取るかはよくわかりません。

暗黒大陸編の中心はジン

次点でクラピカですね。この二人を中心に物語が動くようです。クラピカはエンペラータイムという作中屈指の強さを持っていますし、ジンは、頭脳と強さで作中、最強でしょうから、この展開は非常にワクワクさせるものがあります。あとは蜘蛛が参加して欲しいですね。なんだかんだで、彼らは魅力的です。

 

だからパリストンは自分で会長やってれば良かったのに。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第343話

パリストンの考えは意味がわからない

彼はまた今回悪い事を企んでいるようなのですが、キメラアントをハンター協会に送り込むとかなんとか、まあ、とにかく混沌とした感じの世界にしたいようです。で、どうしてそうしたいかという根拠が難しくてなかなか理解できません。政治的な背景が理解できないとハンター協会に対してパリストンが不快感を覚えている理由が理解できないのです。そもそも先週から、そのあたりの政治的な背景が理解できていないので、やはり今週のパリストンの気持ちもよくわかりません。

ネテロの意思を継ぐ

ただ、会長選挙からの展開でよく分かるのはパリストンがネテロを敬愛していたのは間違いないようです。その愛情の表現が屈折しているというものでもあります。そこまではわかります。で、そのネテロが残したハンター協会を今はチードルが舵取りしているわけですが、結局、そのやり方が気に食わないということのようです。
だったら、最初から自分がハンター協会の会長を放棄しなければよかったのにという話ですね。ネテロ的な協会がいいなら、自分が会長に居座って、それを維持すれば良かっただけの話です。
ただ、彼の屈折具合から察するに、ネテロ的なハンター協会であっては欲しいけど、それを人工的に自分で作っても本意ではなく、誰かがネテロ的な協会を維持してくれるのが一番よいのかもしれません。で、気に入らなければ、協会自体を潰してしまおうという感じです。わがまますぎてついていけません。

レオリオとクラピカ

先週からの雰因気で今回はオールスターになりそうだと書きましたが、、やはりレオリオとクラピカが登場しました。なぜレオリオがクラピカを巻き込んだのかまだ理由がはっきりしません。ハンター協会に緋の眼の情報があったことはレオリオは知らなかったでしょうから、それは根拠ではなさそうです。ていうか、ゴンとキルアがセットで、レオリオとクラピカはセットというイメージですね。最初の頃からそんな感じでしたっけ?

クラピカの戦闘力

クラピカは緋の眼を発動すると、全性質を100%で発揮できるエンペラータイムになりますよね。これは作中でも屈指の状態だと思われるのですが、実際に彼の強さはどのくらいなんでしょうね。現在の、最強候補は、ヒソカ、イルミ、ジン、で、亡くなってしまいましたがネテロが少し抜けていたと思うんですけど。どうなんでしょうね。ここにクラピカが入ってくるのか。団長の戦闘力も相当ですし。あとは、キルアの爺ちゃんと父ちゃんも忘れられないですね。うーん、このへんの最強ランキングは誰がどのへんなのか、意外と興味あります。ネテロの息子は見た目強そうですけど、どうなんでしょうか。

 

暗黒大陸編はオールスターか? 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第342話

いやー、今回は難しかった

政治的な駆け引きの話が多く難しかったですね。結局、半分も理解できてないと思います。ただ、ここまで丁寧に設定を作っているわけですから、暗黒大陸でこれが重要になる場面が来るのでしょう。それぞれの持っている政治的背景によって行動が変わってきて、そこで生まれる読み合いや裏切りあい。ハンター得意の展開ですね。

暗黒大陸編はオールスターか?

今回パリストンが再登場しました。どうやらジンも深く関わるようです。そしてハンター協会、もちろんゴンとキルアも参加でしょう。ヒソカとかイルミ辺りがどうでるのかわかりませんが。ヒソカに関して言えば故ネテロ会長に近い考え方ですね。対人的な強さを求めるという。そういう意味では自然との対決である暗黒大陸編にはクビをつっこまないかもしれません。反面、蜘蛛はどうでしょうか。最近出番がないし、暗黒大陸で一発あててやろうと出てきても面白いですね。で、そうなればクラピカの出番が来ます。レオリオは会長選挙で見せ場がありましたが、クラピカは最近全然活躍してませんから。
彼(彼女?)は、特質系で全ての念能力を100%出すことができます。戦闘力的には作中最強の一人になれるはずです。

ゴールドラッシュ

作中でもゴールドラッシュといっているのですが、西武開拓時代のような、ドキドキ、ワクワク感のある演出が上手です。1億人を植民させようというのも、面白いですね。暗黒大陸の攻略が終わる前に民間人が移住してきて、大災害が起こるとか、想像できる要素がたくさんあります。本当に設定がうまい。

 

連載再開。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第341話

連載再開

久々の連載再開です。カラー表紙ではじまります。時間をかけただけあって、設定がしっかりと煮詰まっていて非常に面白そうです。途中までは完全に「レベルE」の雰囲気ですすみます。不思議な標本や、謎に溢れる会話。ハンターという超人がいる世界なのに、まだ未開の地があるという設定は、やや無理があるものの、ワクワク感がすごいです。

さすがに気合入ってます。

物凄い文字が多いですね。久々の再開で気合が入っているようです。作者は、本当に不思議なものが好きですね。未確認生物とか宇宙人とか、そういう好みを、この作品では見事に融合させて来ましたが、今回もすごそうです。未知の大陸を攻略していくという。冒険ものですね。これは楽しみです。

ネテロの遺言から察するに

キメラアント編はバトルが重要でしたね。グリードアイランド編も対人のゲームでした。蜘蛛編も、もちろんバトル重視です。今回は、バトル的な話はあまりないのではと思います。むしろ、北極横断やヒマラヤ登頂のような、自然との戦い。いや、これは予想というよりか、ネテロ自信が言っていますが。
植村直己の冒険のような、大冒険譚が描かれると思います。
これのがハンターという職業の本質のような気がします。

ジンが中心になるか?

この作品では、ずっとキーになる人物としてジンがいました。物語の初期の頃からゴンはジンを探していて、なかなか出会うことすらできませんでした。それが一度会ってからは、会長選挙編での主要キャラクターばりの活躍です。彼は世界中を冒険しているハンターのイメージが強いですから、新世界の攻略という話であれば、ジンはどうなんだろうかという話しに自然となります。実際にも作中でジンが新世界攻略に向けて中心になりそうです。

ハンター協会の意向と関係なく

不思議なもの大好きなジンですから、協会の意向とは関係なく新世界に挑みそうです。そこで心配なのが、彼が行方不明とか死亡とか、そういうケースですね。彼になにかトラブルがあってゴンやキルアが新世界に挑むというが自然な物語展開な気がします。
なので、ジンが心配です。ジンは作中では、存在が大きくなりすぎています。こういう人物がいると、ゴンたちの活躍がなんとなく安っぽく感じられるようになります。
強い敵やすごい謎で苦しんでいる時も、ジンはなんで来ないの?とか、ジンなら出来るんじゃないの?という疑問が入ります。これを防ぐには、当事者にジンを超えさせるか、退場させるしかありません。
ジンは戦いの能力としてはネテロには及ばないように見えますが、作中の存在感的には、ネテロを超す戦闘力があってもおかしくないですよね。
こういう人物は主人公の側にいると微妙なのかなと。
そんな感じで、いろいろとジンが心配です。