マインドコントロールに問いで戦う 【レビュー】 七つの大罪 第69話

岡田以蔵のような戦士

今回はスレイダーの過去が語られました。幕末京都で暗躍した人斬り以蔵こと岡田以蔵を思い出しました。
なにか狂信的な戦士が出来上がるパターンなのでしょうか。孤独と救いが人を縛るパターンです。
何か新興宗教のマインドコントロールのような印象を受けます。

マインドコントロールに問いで戦う

そのスレイダーに対してゴウセルは問いで戦います。繰り返し問いかけていくのです。
その場面が確信を付いていて爽快でした。「確かにそうだ」「ああ、なるほど」と、ほんの数ページのシーンですが非常に強い印象があります。

戦いと会話劇の融合

今週号の『7つの大罪』では戦いと会話劇がバランスよく楽しめました。
テンポよくページをめくれるセクションとじっくりと読み込むセクションの揺らぎが心地よく、こういうメリハリは非常に大切だと感じます。
漫画は自分でページを捲れるメディアで、アニメや映画とは違う部分がそこです。
展開によって読むペースを読み手が変える。そこを今回は味わえました。

7つの大罪 第70話予想

次回はもう少し理詰めの戦いがなされると思います。誰が悪か、誰が正義か、それがハッキリしていき本格的な戦いが始まると予想します。

-週刊少年マガジン 2014年15号 七つの大罪-

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください