ちなみにぼくはアンナよりも優希が好きです。 【レビュー】 BE BLUES! ~青になれ~ 第147話

ミルコ・コヴァッチの才能への執着

ミルコは作中でフットボールの才能に非常に執着を見せています。これは彼が旧ユーゴスラビア代表監督だった事と関係があると思います。旧ユーゴは多数の民族が生活する多民族国家で、それが原因で内乱になり結果的には国家が分裂してしまいました。ただそんな内乱の中でもフットボールだけは国民の希望だったようです。そういった環境で代表監督を務めたミルコのフットボールに対する思いは並々ならぬものがあると思います。そういった背景があって彼がフットボールの才能に執着するのだと思います。彼にとってフットーボールの才能=希望なんだと思います。要するに彼から見れば一条龍や桜庭巧の才能はフットボールのみならず人間の希望なのです。

今週もミルコ流コーチング

ぼくがミルコの指導に感心するのは、彼が人間を理解した上でフットボールを考えていると感じるからです。今週もうまく女の子たちを使って選手を導いていました。いまいち種明かしはされませんでしたが来週には理由も分かると思います。

女の子が可愛いと思いきや男も愛らしい

この作品は絵柄が非常に可愛らしく女性キャラクターが非常に魅力的です。更に今週は龍や桜庭も非常に愛らしく描かれていました。アンナが彼女だとみんなに疑われる所の龍と試合に出たがる桜庭はキュートでした。ちなみにぼくはアンナよりも優希が好きです。

地味に気になる龍と優希とアンナ

もし龍がアンナとか誰かと結婚したら優希は一生龍を引きずるだろうなとか、余計なお世話ですが考えてしまいますね。でも龍は兄妹みたいなもんだからとか言ってるし、なかなか目が離せません。人間をリアリティを持って描いている作品だからこそ細かい本筋とは違う部分も面白いです。

ちょっと矢沢かっこいいな

彼はボールが足元に入ったらレノン先輩でもうかつに飛び込めないくらいのテクニックを持っています。一条龍伝説を知らない県外の部外者で作中では異質な存在なのでどういった役割が与えられるのか楽しみです。とはいえ、ポジションどこだっけ?くらいの印象ですね。今の所は。サイドアタッカーでしたっけ?

Sorry, there are no polls available at the moment.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です