アルバだけが継続した役割を与えられた謎。 【感想】 マギ 第232話

最後に勝ち誇るダビデはなに?

回想でしょうかイメージでしょうか?あるいはルフの世界のダビデ?今回の話は難しかったです。シンプルに言えばソロモンが神にとって変わったということでいいのでしょうか?よくわかりません。

アルバだけが継続した役割を与えられた謎

シバには感謝、ウーゴには期待、アルバにだけは継続した役割を指示したソロモン。これは、よくわかりません。アルバは現世界において、練玉艶になるのでしょうか。それで、ソロモンが作った現世界を見守ってる?そんな感じではないですね。シバは月の神杖から、練玉艶の可能性が一番高いですが、性格的には全然そんな感じもないし、これもよくわからない。

ただ、ソロモンに深いつながりのある女性はアルバとシバしかいないですから、どちらかが練玉艶だと思います。

シバの子どもが練玉艶というパターンも考えましたが、どうも、シバの子どもはアラジンな気がします。そのほうが自然なような。

結局、まだなにもわからない。

結果的には、まだ、まったくわからないですね。神の運命から離れた世界がアラジンたちがいる現世界ということでしょうか。うーん、疑問だらけ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です