クラブワールドカップという大会 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第2話

バルサとかマンU行きたいのが普通だよな

主人公の一人である究児は海外の名門に行きたいと思っていて、一方の主人公である壱丸は地元のローカルチームを強くして世界と戦いたいと考えている。

どうやら漫画の方向性としては二人の主人公が地元のローカルチームを強くしていくという内容になりそうだ。

クラブワールドカップという大会

ワールドカップと銘打っていてもワールドカップとは格が違う大会だ。
世界一決定戦であるが、ヨーロッパCLと比べてもその地位は高くない。

要するにクラブワールドカップで優勝しても世界一のチームとは言いにくい。

そういった微妙な目標をローカルチームが目指すという地味な目標で果たして面白くなるのだろうか?

素直に海外クラブを目指したり、高校サッカーをやったり、
そういったほうが燃えると思うのだが。

だからこそ楽しみ

この変わった設定だからこそ今までとひと味もふた味も違う
サッカー漫画を見せてくれるのではないかと期待している。

-週刊少年ジャンプ 2014年15号 TOKYO WONDER BOYS-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です