生活感あふれる不思議なキャラクター付け 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第4話

ユニークなキャラクター付け

前回のラストで登場した新キャラクター達のキャラクター付けが非常にユニークでした。登場した4人はアイドルオタク、アニメオタク、ドケチ、恐妻家として紹介されます。普通サッカー漫画なら元日本代表とか、インターハイ出場とかの肩書きか、100m10秒台とか、フリーキックの名手とか、そういうのだと思うのですが、あえて選手の趣味的な部分に触れてきたのはかなり異端です。

あえて深いサッカー描写をしない?

この作品は連載開始当初からですがほとんど深いサッカー描写が出てきません。主人公の何の技術が凄いのか、どんな特別な才能のある選手なのか未だによくわかりません。これはマニアックにならないようにしているのでしょうか。

テニスの王子様を狙ってる?

絵も女性ウケしそうだしテニスの王子様的な女性が楽しめるサッカー漫画を狙っているのかもしれません。今週明らかになったのですがヒロインは貧乳らしいです。中高生を惹きつける圧倒的な武器である巨乳を放棄しているのは相当な覚悟だと思います。これは女性向けをかなり意識している証拠ではないでしょうか?考えすぎ?

黒子のバスケみたいに

黒子のバスケは最近でこそキャプテン翼のように必殺技対決になっていますが連載開始当初は比較的バスケットの描写にリアリティがありました。ジャンプのバスケ漫画だとスラムダンクというリアルバスケ漫画がありましたら、あまり無茶なプレーは受け入れられないだろうという考えがあったのかもしれませんが。

トーキョーワンダーボーイズはどっちだ

当作品はファンタジースポーツ漫画か、リアル系スポーツ漫画か今のところわかりませんね。あんまりプレーしてないですから。そろそろその辺をはっきりしたほうがいいと思います。ただもしかしたら生活系スポーツ漫画という新しいジャンルかもしれません。

トーキョーワンダーボーイズ 第5話予想

そろそろ大きな盛り上がりが欲しいところですね。往年のキャプテン翼のような展開でもいいのかと思いますけど。
リアルな来週の予想は意外と先輩方が強いって事が分かるって感じですかね。

Sorry, there are no polls available at the moment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です